諸々の事情で Java を勉強したくなって、環境構築を試みた。
若干苦労した点もあったのでまとめる。

まず、IDE だが、周囲には NetBeans を使っている人が多く、当然のようにそうしようとしたら、ほとんどの人が
「今から勉強するなら eclipse にしとけ」
とのアドバイスが。

まあ、確かにネットの情報でも eclipse 関係の記事は多いが、NetBeans は少ない。

そうすることにした(流されやすい人w)。


まず、JDKの準備だが『M1 Mac に M1(Arm) 対応の JDK をインストールする』という好記事があるので、その通りにやって、あっけなく完了。(私のマシンは M1 MacBook Air)

ひっかかったのは eclipse の導入。

いつものように(blender の記事参照)「海外ダウンロードサイトから適当なバージョンを落としてきて日本語化すればいいんだろう」くらいに考えていたのだが、

 elipse の日本語化は激ムズ

らしい。
私も軽くハマった。

結論から書くと、https://mergedoc.osdn.jp/ というサイトに行って、Eclipse(Pleiades All in One) を落としてくるのが、最短ルート。

eclipse_akiba-0

Full edition の方が諸々のツールや Java 実行環境もついているということで今回は Full 版を選ぶ。
.dmg だったのでクリックして作業を前に進める。
M1 Mac だからなー、と心配だったが、(時間はかかるものの)特に支障なくインストールは進んだ。

eclipse-akiba-2
app が構築されたら、アプリケーションフォルダに移動させてひとまずインストールは完了。


Pleiades の Java Full 版には、JDK17 も含まれているのだが、M1 で正常に動くか不明だったので、ここを先の M1 用 JDK に変更したい。

ここもちょっとハマったのだが、わかってみると変更方法は一直線。

まず、メニューバーの Eclipse から「設定...」を選んで設定画面を出す。(ここ windows 版と挙動が違うようです)

eclipse_M1_Mac_jdk_setting

eclipse_M1_mac_jdk_setting2


いろんな項目があるが、Java -> インストール済みのJRE を選択。

eclipse_M1_mac_JDK_setting3


ここで準備しておいた M1 用JDKを選ぶ。
これでコンパイル時には eclipse は M1 用のバイトコードを吐き出してくれる(はず)。


 動作確認のために Hello World プログラムを走らせる。

eclipse_sample_M1_mac

ここは見事に一発動作!
(ファビコンが tomcat ですが、おそらくキャッシュの滓です)


まだ、使いこんでませんが、触ってみた感想としては

・動作が思ったより軽快(CPUパワーのおかげ?)
・ダークモードがかっこいい
・Spring や Spring boot との親和性が高そう(上の hello world も Spring boot のサンプル使ってます)

あたりでしょうか。
特に Spring boot はユーザー認証などの実務的な便利ツールが豊富らしく、ここら辺を意識してがんがん使っていきたいものです。


秋葉

知り合いの先輩プログラマーが某SNSで以下のような画像をネタにしたところ、左右のブラウザ画面の違いが一般の人にはわからなかったらしい。


test

さすがにURLの localhost と 127.0.0.1 は違うとわかったらしいが。
しかし、これは実動作的には一緒だしなあ(苦笑)。

ファビコンから、動作環境が違うでしょってのが答え。
これ以上の説明は無粋なのでやめときますが。

これに関して思うのは

・今後「情報」も学校教育に入ってくるらしいが、実務的に問題になるのはプログラミングそのものではなくて、この違いを意識できる感覚

の方がプログラミングそのものより重要かもしれないってこと。
さらに欲を言えば

・違いを認識した上で「どのように違うのか」推論できる能力

もあった方が望ましいと思う。





このブログは当初プログラミングメインでいくつもりだったのだが、今ではウマ娘に寄りがち。
どっちつかずになっている気がしたので別館も作りました。

その名も


そのまんまですね。

ジャンルの切り分けをどうするかはまだ未定だが、うまく使い分けたいところ。

ウマ娘関連の話題も取り扱ってますので、「これはどうしても言いたい!」なんてことがあったら寄稿してください。
twitter DM で連絡いただけるとありがたいです。


↑このページのトップヘ